作品紹介

大正七年の米騒動で焼打ちされた鈴木商店は当時、三井三菱と並ぶ大商社だった。それが昭和初頭の大恐慌で消え去るまでの真実と大番頭金子直吉の人間性を衝く。(小松伸六)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く