作品紹介

女の運命を大きく変えたのは、雨宿りだった

商家の若後家・お歌は行きずりの浪人に手ごめにされた。憎しみがいつしか愛しさとなった二人の行く末は。新感覚の長篇時代小説

担当編集者より
菓子舗の若後家お歌は雨宿りのひととき、行きずりの浪人に手ごめにされてしまう。自分でも納得がゆかぬお歌だったが、男への憎しみは愛しさへと変わってゆく。二人の恋は敵討ちの助太刀に発展し、やがて迎える別れの朝……。江戸に生きる勝気な女の姿が、いまを生きる者たちを魅了する長篇時代小説。解説・筒井ガンコ堂

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く