作品紹介

仇討ほど「人生」を煮つめてみせるものはない

ささいな不祥事が仇討に発展すると、討つ方も討たれる方も人生の断崖に立たされる。人の世の不条理をシニカルに描く9つの短篇集

担当編集者より
「政七を殺した、あの雨の夜のぬいのことが、その顔が、その肉体が忘れきれない」——。同僚の妻への横恋慕、殿の寵愛に増長した小姓、不義密通の発覚など、色情が発端の殺人事件。その仇討のために人生を狂わされる人々の多様なドラマ。善悪や正邪を越え、人間の底知れぬ本性を描き出す、9つの異色短篇集。解説・佐藤隆介

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く