作品紹介

映画を観る金ほしさに、母の着物を売り飛ばしたのが親に発覚。「不良少年におどされて」とついた嘘が大事になった。曾根崎警察署で訊問され、ついには私立探偵に尾行してもらう騒ぎに。思えば親不孝だったけど、とにかく映画の魅力には勝てなかった。「なぜこんなに綺麗な女性ばかりが当時のハリウッドに存在し得たのだろう!」同級生が女生徒にうつつをぬかしている時、ぼくの夜ごと手すさびの対象となったのは夢の美女たちだった……。PART2には、本書に登場する人名一覧も収録。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く