作品紹介

純な魂と美貌を持った、細川ガラシヤの運命

逆賊明智光秀の娘と罵られ、父と夫への愛と苦悩の極限に心の拠所を禁制のキリスト教に求めた玉。薄幸な生涯を送った女人を描く

担当編集者より
細川ガラシヤ——その父は謀叛を起こした明智光秀。夫は冷やかに父を無視した細川忠興。無垢な心と比類なき美貌を持つ彼女に課せられた運命は苛酷であった。深い苦悩の末、禁制のキリスト教に救いを見出したのも束の間、関ヶ原合戦の前夜、自らの命を絶つことになる。ガラシヤ夫人の愛と苦悩、憂愁の生涯を描く感動の長篇小説。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く