作品紹介

最後の文士・高見順が生前密かに綴っていた精緻な日記は、昭和史の一等史料であると同時に日記文学の最高峰の一つであり、破局に向って突き進む日本の情況を捉えて余す所がない。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く