作品紹介

製鉄の街なんか嫌いだ。熊本の山と川へ戻りたかった

北九州八幡に生まれた少年は、春夏冬の休みに帰る熊本の自然が忘れられない。青年時代を描いた名作『旅へ』につながる自伝の新作

担当編集者より
戦争末期、疎開先の熊本の小学校に入学した少年は、山河に魚を捕り鳥を追ううち自然の豊饒さに感動し、学び、己れの成長を自覚してゆく。しかし少年はやがて受験勉強に励むようになり、都市と田園の生活に引き裂かれていく……。自伝の傑作「旅へ」につながる、多感な少年期を綴った新しい成果。他に「南にありて」13篇を収録。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く