電子書籍
電子書籍

響灘そして十二の短篇

阿刀田高

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2001年02月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

一夜かぎりで去っていった女が、六年後、突然電話をかけてきた。旅に連れていって欲しいという……。大人の恋愛を描く表題作と家族の機微を鋭くとらえた十二の連作短篇。(黒川千鶴)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く