電子書籍
電子書籍

豪商 岩崎弥太郎の生涯暁の群像 下

南條範夫

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2010年07月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

NHK大河「龍馬伝」のもう1人の主人公、岩崎弥太郎の生涯

NHK大河「龍馬伝」は、後に三菱財閥を築いた岩崎弥太郎の視点で龍馬を描いた作品だが、その岩崎の評伝の決定版がこの小説だ!

担当編集者より
後に龍馬と「船中八策」を練り上げる後藤象二郎がいる少林塾門下となった弥太郎は、まず土佐商会主任、長崎留守居役に抜擢される。御一新以降は海運業を始め、大坂の土佐藩蔵屋敷で個人商店を興し巨万の富を手にする。西郷隆盛、井上馨、木戸孝允、桐野利秋ら精鋭きらめく群像劇において、弥太郎は何を演じたのか。解説・加藤廣

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く