作品紹介

良は完璧な庇護者を手に入れた。財閥の御曹司で、見目麗しい売れっ子作曲家・結城修二である。良の驕慢な態度はますますエスカレートする。良をめぐる滝と結城の対立も緊張を増してきた。良を失いたくないあせりから、滝はいろいろな手を使うが失敗。結城に決定打を与えられないまま、滝の敗北が濃厚となっていく。滝もまた良の魔力に魅入られ、破滅させられる人間のひとりにすぎないのだ。良の愛を永遠に失ったと実感した滝はますます孤独を深め、絶望してゆく。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document