作品紹介

エロスの深淵を描く、圧巻の大江戸ノワール

札差の西門屋慶左衛門は金もあれば男ぶりもよく、江戸で評判の女好き。姦婦おきんと愛欲にまみれ、遂に亭主を殺して妾にしたが…

担当編集者より
恋愛小説の第一人者である著者初の、官能時代小説です。舞台は花のお江戸。札差の西門屋慶左衛門は金もあれば男ぶりもよく、評判の女好き。夫と組んで美人局をしていた姦婦おきんは、最初たらしこもうとした慶左衛門に惚れ、夫に毒を盛る。慶左衛門の妾となったが、正妻お月と同居することになり、他にもおりんという女がいることを知って愕然とする。張り合う女たちをよそに、慶左衛門は将軍様のお手つきの女を口説いたり、饅頭屋の後家に言い寄ったり。エロスの深淵を描く圧巻の大江戸ノワール。お楽しみに。(HT)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document