作品紹介

ヤクザも南米マフィアも手を焼く悪徳刑事

渋谷のシマを巡る二つの組と南米マフィア——そのうちの敷島組の幹部が拉致された。画を描いたのは神宮署の禿富鷹秋だというが…

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
渋谷の利権を巡り、渋六興業と敵対する組の幹部を南米マフィア・マスダが誘拐した。三つ巴の抗争勃発も辞さない危うい絵図を描いたのは、なんと神宮署生活安全特捜班・ハゲタカこと禿富鷹秋(とくとみたかあき)。狙いは一体何なのか——己の欲望のままに拳をふるい、敵味方なく外道の道をゆく稀代の悪徳警官シリーズ第3弾。解説・青木千恵

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く