作品紹介

将軍家の血筋をひく名家の藩主が辿った悲運の生涯

三代藩主と将軍家の姫君の間に待望の男子として生まれ聡明な四代光高に待っていた悲劇。前田家三代の華麗なる歴史絵巻の第二巻

担当編集者より
三代藩主・利常と、将軍家の姫の間に生まれ、文武両道に優れた待望の男子・光高。ときの将軍、家光にも気に入られ、その養女を娶った若年の藩主には、思いもかけない悲劇が待ち受けていた――。30年の短い生涯を駆け抜けた四代藩主光高の知られざる実像。前田家三代の繁栄を描く華麗なる歴史絵巻、いよいよ佳境となる中巻。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く