作品紹介

出世の道は外れたけれど……

御家人としての職をしくじった大番屋元締の元に、毎日のように持ち込まれる江戸の暮らしの難問奇問。今日も鏡三郎が知恵を振り絞る

担当編集者より
評定所留役としてエリート街道を驀進(ばくしん)していた拝郷(はいごう)鏡三郎は、幕閣内での政争に巻き込まれて失職。いわゆる縮尻御家人となってしまう。上役の勘定奉行の世話で、現在は捕縛した者を取り調べる「大番屋」の元締だ。出世の道から外れたものの、江戸に暮らす人々のよろず相談事が持ち込まれ、大忙し。好評シリーズ第二弾。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く