作品紹介

「司馬さん」になる前はこんな小説を書いていた!

小説を書くと決めた33歳の新聞記者・福田定一が綴る、花にまつわる10の妖しい物語。「司馬遼太郎」になる前の記念碑的短篇集!

担当編集者より
司馬さんが33歳のときに、本名の「福田定一」名で華道家元の機関誌に発表した短篇が、初めて1冊にまとまりました。清の八十翁・松齢の庭に突如咲いた1茎の黒い花。不吉の前兆を断たんとしたその時に現われたのは……(「黒色の牡丹」)。人間稼業から脱し、仙人として生きる修行を続ける小角(おづぬ)がついに到達した夢幻の世界とは(「睡蓮」)。妖しくて物悲しい、花にまつわる10の幻想小説。『坂の上の雲』『竜馬がゆく』等の大作とは全く異なる、もう1つの司馬さんの世界を堪能して下さい。(KK)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く