作品紹介

現代の家族のあり方を問う問題作

人生も半ばを過ぎた。安らぎを、生きる拠り所をどこに見出せばいいのか——。現代の家族を描き続ける作家の決定版″家族の肖像″

担当編集者より
ダムの底に沈んだ故郷を出て二十年、旧友の死が三十代も半ばを過ぎた同級生たちを再会させた。帰りたい、あの場所に——。家庭に仕事に難題を抱え、人生の重みに喘(あえ)ぐ者たちを、励ましに満ちた視線で描く表題作始め三編を収録。現代の家族、教育をテーマに次々と話題作を発信し続ける著者の記念碑的作品集。解説・松田哲夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く