作品紹介

猫4匹、人2人、犬2匹、ヒト科のオス0

ヒトのオスにはちとキビシイが、動物には無条件の愛を惜しみなくそそいでしまう。イヌとネコ計6匹との賑やかな日常を綴る傑作エッセイ

担当編集者より
ロシア語通訳(元)、エッセイスト、作家である米原さんは、常に複数の犬と猫の母でもあります。そのニギヤカなる毎日を描いたエッセイが本書。執筆時は猫4匹、犬2匹、人間2人のメンバー構成でした。その情況を年賀状で報告したところ、恩師からは「ネコイヌもいいけれどねえ、君、そんなことより、早くヒトのオスを飼いなさい、ヒトのオスを!!」と言われたのが、このタイトルの謂れです。(FY)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く