作品紹介

騙しあいと駆け引きの骨董業界を生き抜く美貌の一匹狼

銀座の画廊で見たタペストリーにほれこんだ古物商の陶子は現金で全作品を買う約束をする。しかし作者は急死、作品は全て消えた……

担当編集者より
古物、骨董品を専門に扱う旗師・冬狐堂こと宇佐見陶子は、銀座の画廊で見たタペストリーに魅せられ、現金で全作品を買う約束をする。しかし作者は死に、作品は消えていた……。騙しあいと駆けひきの骨董業界を生き抜く美貌の一匹狼を描く古美術ミステリー。表題作他「陶鬼」「『永久(とわ)笑み』の少女」「奇縁円空」の三篇を収録。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く