作品紹介

〈絶望と救済〉を描く、『慟哭』と比肩する新たな傑作の誕生

事故で妻と娘をなくした雪籐(ゆきとう)の運命は、美少女・遙と出会って大きく動き始める。新興宗教をテーマに魂の絶望と救いを描く傑作長篇

担当編集者より
事故で妻と娘をなくし、絶望の中を惰性でただ生きる雪籐(ゆきとう)。だが、美少女・天美遥(あまみ・はるか)と出会ったことで、雪籐の止まっていた時計がまた動き始める。やがて、遥の持つ特殊な力は、傷ついた人々に安らぎを与え始めるが……。あの傑作「慟哭」のテーマ〈新興宗教〉に再び著者が挑む。魂の絶望と救いを描いた、渾身の巨篇。解説・北上次郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く