作品紹介

芥川賞作家の瑞々しいデビュー作

「若いころから身体を磨いとったほうがよかよ」母から父を寝取った伯母と同じバーで働く、あたし19歳。表題作他、すべて芥川賞候補作

担当編集者より
「こうしてねぇ、あんたんチのおとうさんもねぇ、揉んだことあるとよぉ」と、自分の胸を揉みほぐしつつ語る伯母。ガリガリで饐(す)えた臭いのするいとこと同じバーで働く、あたし19歳……。ここは博多の中心地、「ドブ川」こと那珂(なか)川ぞいで凭(もた)れあうように暮らす三世代の女たちを描いた表題作を含む、芥川賞作家のデビュー作!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く