作品紹介

「リン。おまえアイドルになってみないか」

芸能プロ社長のひと言で、時代の寵児への道を歩み始めた美少女リン。だが、企業舎弟の大手プロより移籍を強要され、魔の手が――

担当編集者より
跳ねっ返りの野良猫のような美少女リンは、元ヤクザで芸能プロ社長の関永と出会い、大きな人生の転機を迎える。だが、人気が上昇し始めた矢先、大手プロからの横槍で移籍を強要されることに。鍵を握るのは、承諾書にサインの必要なリンの母親なのだが――。個性豊かな登場人物が駆け回る痛快青春小説。解説・吉田伸子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く