作品紹介

森は漁民の命。森と海の真のつながりを知る感動の書

おいしい牡蠣を育てるために長年山に木を植える漁師が、豊かな汽水域の恵みは、森があってこそ生まれることを実証した不朽の名著

担当編集者より
豊かな汽水域の恵みは森があってこそ生まれる——ダム開発と森林破壊で沿岸の海の荒廃が急速に進んだ1980年代、おいしい牡蛎を育てるために一人の漁民が山に木を植え始めた。漁師だからこそ見出し得た森と海の真のつながりとは!? 「森は海の恋人」運動の火付け役となったみずみずしい一作がついに文庫化。解説・川勝平太

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document