作品紹介

裁判員制度のすべてがわかるリーガルサスペンス

ある日突然、裁判員に選ばれた6人の男女。被告人の運命を委ねられた6人の決断の行方は……。ドラマ化された本邦初の裁判員小説

担当編集者より
ある日、あなたのもとに届いた1通の呼出状。それはあなたが裁判員候補者として選ばれたという通知だった。もちろん裁判など初めての体験。芒洋とした弁護士、森江春策と女性敏腕検事、菊園綾子が火花を散らす法廷で、あなたは無事評決を下すことができるのか。本邦初の“裁判員”ミステリー、ここに開廷。解説・小森健太朗

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く