電子書籍
電子書籍

夜と夜中と早朝に

神崎京介

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2009年10月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

官能の歓び、懼れ、そして切なさ……

多くの女性と逢瀬を重ねながらも、別れた妻のことが頭から去らない作家の「わたし」。滑らかな文体が生みだす繊細な官能の世界!

担当編集者より
売れっ子官能小説家の「わたし」は、締切をかいくぐりながら女性たちとの逢瀬を重ねるが、心は2年前に別れた妻への思いにとらわれている。そして、女性たちもまた……。男と女の間に「永遠に好き」という感情は成立しうるのか。滑らかな文体で恋愛の機微と繊細な官能を紡ぎ出した、神崎京介の真骨頂! 解説・吉田伸子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く