作品紹介

江戸に起こる奇談、怪談を解き明かす名奉行

『耳袋』の著者として知られた名奉行、根岸肥前守鎮衛。彼は、極秘版の『耳袋秘帖』をひそかに記していた。人気シリーズ、文春文庫に登場

担当編集者より
随筆集『耳袋』を記した名奉行、根岸肥前守。彼は、『耳袋』には書けなかった、極秘の話を人目に触れないように記した『耳袋秘帖』を残していた……。風野真知雄さんの人気シリーズ『耳袋秘帖』が、新たな配下を得て新展開で文春文庫に登場。腕は立つが、怪談が苦手の椀田と、いい男だが女性の好みが変わっている宮尾が、江戸の怪事件を解き明かす。大店(おおだな)の主人が殺され、下手人とおぼしき、近所の若旦那が失踪。書き置きに残された「かのち」の言葉が意味するものとは? 興奮かつ痛快な時代小説です。(YI)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く