作品紹介

椀田と宮尾が活躍する妖談シリーズ第5弾

江戸の町人が消える原因「へらへら月」とは? 南町奉行根岸肥前が、江戸の怪異を解き明かす「耳袋秘帖」妖談シリーズ第5弾

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
年の瀬の江戸で、「そろそろ、月が笑う」と言い残して、突如、人がいなくなる「神隠し」が、頻発した。根岸は、同心の椀田と家来の宮尾、岡っ引きの梅次や、下っ引きのしめたちに、消えた人々の身辺を探るように命じるが、その陰では危険な動きが……。根岸肥前が、江戸の怪奇を解き明かす、耳袋秘帖「妖談」シリーズ第5巻。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く