作品紹介

傘が舞えば、死体がひとつ――

雨の中あでやかな傘の群れが舞うと人が死ぬ。毛の雨が降り、川が血の色に染まる江戸の天変地異と連続殺人事件に根岸肥前が迫る!

この作品の特設サイトへ(外部リンク)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く