作品紹介

「もし贋物なら、見た瞬間、苦みを感じます」

ボッティチェッリの『秋』が発見された!? 真贋を見抜く天才・神永美有が、西洋絵画から正倉院御物まで美術にまつわる謎を解く5篇

担当編集者より
1枚の絵が「もし贋物なら、見た瞬間、苦味を感じ、本物なら甘みをおぼえる」という天才美術コンサルタント・神永美有(かみなが・みゆう)が、短大の美術講師・佐々木昭友と2人で鑑定にまつわる5つの難題に挑戦。ボッティチェッリ、フェルメールから江戸時代の涅槃図まで、古今東西の名品たちが問いかける。美術とは何か? 解説・大津波悦子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く