作品紹介

読む者の胸を刺す、痛烈なアイロニー

人間は自分の血にどこまで縛られるのか? 青年画家の葛藤を、人間によって血を操られる経済動物の姿に投影した異色サスペンス。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く