作品紹介

人気沸騰! 書き下ろし時代小説シリーズ第2弾

父の仇を討つべく江戸に身を潜めた喬四郎だが、その日を暮らすのに精一杯。仕方なく引き受けた用心棒稼業が、いつしか本業に……

担当編集者より
御国の悪政を正すため、江戸に潜んだ有馬喬四郎だが、その身辺はますます騒がしい。正月早々、用心棒に雇われた大店が押込強盗に襲われたかと思えば、手にした大金は露と消え、敵の内偵がさし向けられている気配もある。一方、同じ道場に通うとよは、父の敵を突き止めた様子。偽侍の西田金之助は助太刀を買ってでる腹らしい。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く