作品紹介

フツーなのに抱腹絶倒なマキメの日常

ホルモー、鹿男、大阪国を生んだ奇才はエッセイもやっぱり面白い! デビュー前夜、旅の災難、謎の名曲など思わず笑える1冊です

担当編集者より
奇想天外な小説で読者を驚かせ続ける奇才マキメの初エッセイ集が待望の文庫化! 少年時代は大阪で阿呆の薫陶を受け、大学時代は自分探しの旅先で全財産を失い、はては作家を目指して単身東京へ。『鴨川ホルモー』で無職生活を脱し一躍人気作家となるも、噛みまくりのラジオに憤ったり宇宙人に紹介する名曲メドレーを夢想したりと飄々とした日常は相変わらず。そんな著者の頭の中がこぼれ出るような、とぼけた味わいがクセになる面白さです。(YH)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く