作品紹介

出島の利権を狙う〈謎の組織〉。その正体とは?

長崎で大きな力を持つ全25名の出島商人。与力・伊立重蔵の前に、26人目を名乗る男が現れた。イタチの旦那が謎に迫る第2弾!

担当編集者より
長崎・出島の建設に出資した25人の出島商人。大きな力を持つ彼らの前に26人目を名乗る人物が現れた。次期奉行の命で江戸から先遣された伊立重蔵が捜索すると、そこには長崎進出を目論む江戸の札差の影が――。錺職人の善六、街の親分格・吉次郎らとともに、江戸と長崎で暗躍する〈謎の組織〉を解明する書き下ろしシリーズ第2弾。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く