作品紹介

警察小説の巨匠の放つ新シリーズ、開幕!

時効撤廃を受けて設立された「特命捜査対策室」。たった一人の捜査員・水戸部は退職刑事を相棒に未解決事件の深層へ切り込んでゆく。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
直木賞受賞作『廃墟に乞う』や『警官の血』など警察小説の傑作を送り出してきた佐々木譲さんの新シリーズ第一作が本書。殺人罪の時効撤廃を受けて、警視総監の特命で迷宮入り事件を捜査することになった刑事、水戸部。無能なキャリアを批判して謹慎中だった彼は、たった一人の特命捜査班として、退職刑事を相棒に、町の過去にひそむ事件の真相へと一歩一歩迫ってゆきます。
端正にして重厚な警察小説の逸品。シリーズ第二作『代官山コールドケース』とともに、ぜひご一読ください。(NS)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く