作品紹介

ある歌人家族が記した感動の記録

母の死をはさんで二年にわたって続けられた、歌人家族によるリレーエッセイ。孫たち、娘の結婚、思い出……。そのすべてが胸をうつ。

担当編集者より
癌再発の告知を受けた河野裕子さんは、夫、息子、娘、息子の妻など家族全員を巻き込んで産経新聞の紙上でリレーエッセーをはじめました。
エッセーは、娘の結婚、愛猫の失踪、息子の子どもたちとのふれあい。それぞれの日常のほか、家族の楽しい思い出、寂しかったことなど内容は多岐に渡りました。
翌年秋、河野さんは帰らぬ人となりましたが、家族のなかに河野さんは生き続け、エッセーのなかに鮮明に描かれます。
本書は家族みな歌を歌う人たちによって書き続けられた稀有な一冊となりました。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く