作品紹介

メディアで大反響の感動作、待望の文庫化!

毎朝、早起きしてみそ汁をつくること――それが癌で逝った三十三歳の母と五歳の娘の「約束」だった。生きることは食べること。生きる力に心を揺さぶられる、家族の物語。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
《ムスメにも、包丁を持たせ、家事を教えます。勉強は、二の次でいい。健康で、生きる力が身についていれば、将来どこに行っても、何をしても生きていける。》癌のため33歳の若さで逝った母・千恵さんは、5歳の娘・はなちゃんとある約束を交わします。それは「毎朝みそ汁をつくること」。だからはなちゃんは今も毎朝みそ汁をつくります。食べることは生きること、生きる力が胸を打つ感動の記録。朝日新聞「天声人語」でとりあげられ、今夏の24時間テレビでのドラマ化も決定した超話題作が待望の文庫化です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く