作品紹介

五木文学の集大成! 古くて新しい「愛」の小説

恋にひたむきな女と、夢を追いかけた男――失って初めて気付く恋の輝きを描くオリジナル短篇集。単行本未掲載「金沢あかり坂」収録。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
金沢で出会った男女の恋と別れを、しっとりと描いた短編小説集です。この作品に登場する人物は、決して人生がうまくいっているとは言えない男女。そんな男と女がいつのまにか惹かれあい愛を確かめ合う。ところが燃え上がった恋もいつのまにか愛の質が変化していきます。そして中年にさしかかったとき若い頃の恋を思い出すのですが、その記憶をたぐり寄せ表現する力は五感のすべてを刺激されるほど圧倒されます。青春の残滓ともいうべき恋の余韻にひたれる短篇集です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く