作品紹介

迷い道の人生、絵本創作の原点……
『だるまちゃんとてんぐちゃん』など、数多の人気絵本を世に送り出してきたかこさとし。19歳で敗戦を迎え、態度を変えた大人に失望した著者は、「子どもたちのために役に立ちたい」と、セツルメント活動に励むようになる。そこでは、絵本創作の原点となる子どもたちとの出会いがあった――。
国民的人気絵本作家が、自身の人生について初めて語った記念すべき自叙伝。
サラリーマンとの二足のわらじ生活、自身の子育て、震災と原発事故を経て思うことなど、
秘話が盛りだくさん! 絵本に込めた願い、尊敬してやまない子どもたち、「生きる」とはどういうことか……柔らかい口調そのままの文体で読みやすく、深い含蓄のある言葉に励まされる内容です。
『ぐりとぐら』で知られる中川李枝子さんが、かこさんとの知られざる邂逅について綴った文庫解説も必読!
90歳の絵本作家が全ての親子へ贈る、希望の未来のメッセージです。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「生きるということは、本当は喜びです。…もう何も信じられないと打ちひしがれていた時に、僕は、それを子どもたちから教わりました。…だから僕は、子どもたちには生きることをうんと喜んでほしい」――本書で綴られた子どもたちへのメッセージは、昔子どもだった大人の胸をも打つのです。本書を読めば、自分自身で考えることの大切さなど、深くて励まされる言葉がたくさん見つかります。あらゆる人に読んでほしい一冊です。
目次
僕が子どもだった頃
大人と子どものあいだ
大切なことは、すべて子どもたちに教わった――セツルメントの子どもたち
人間対人間の勝負――絵本作家として
これからを生きる子どもたちへ

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く