作品紹介

「書くこと」に囚われた三人の女性たちの〈本当の運命〉は――
新人作家の國崎真実は、担当編集者・鏡味のすすめで、敬愛するファンタジー作家・森和木ホリーに弟子入り――という名の住み込みお手伝いとなる。先生の風変わりな屋敷では、秘書の宇城圭子が日常を取り仕切りっていた。初対面でホリー先生は、真実のことを自身の大ベストセラー小説『錦船』シリーズに出てくる両性具有の黒猫〈チャーチル〉と呼ぶことを勝手に決め、真実は戸惑うばかり。
書けなくなった老作家、その代わりに書く秘書、ギャンブル狂の編集者、老作家の別れた夫……真実の登場で、それぞれの時間が進み始め、女三人の生活は思わぬ方向へ。
その先に〈本当の運命〉は待ち受けるのか?
『ピエタ』が2012年本屋大賞3位になった著者の、2014年直木賞候補作。「書くこと」の業を、不思議な熱を持って描いた前代未聞の傑作!

これは書く女だけの小説ではなくて、人生の考察小説だ──解説・角田光代

☆森和木ホリー ──才能なんてしょせん得体のしれないもの
「錦船」シリーズが大ヒットしてジュニア小説の女王と呼ばれる小説家
☆宇城圭子 ──その娘がやって来たら、何をしよう。まずはホリーさんと二人、あの白い部屋に閉じ込めてみようか。
公務員からスカウトされて以来20数年間、ホリーの有能な秘書。ホリーによると人殺し?
☆國崎真実 ──なんかもう、コロッケの声が聞こえるっていうか。
編集者の助言でホリーの内弟子となった新人作家。コロッケ作りの名人。

担当編集者より
「船酔いのような小説」と著者の大島さんがおっしゃいました。何事も揺れているように進むものかと。そして、その揺れ自体が、私たちのとても深いところと親しい、関係の深いものである気がします。登場人物たちの人生は揺れ、その揺れがぶつかり、共鳴し、物語を思わぬところへ運んでいきます。
その揺れを、どうかお楽しみください!
そして、小説を読み終わると、コロッケがむしょうに食べたくなります。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く