作品紹介

ビジネスマンの命運は、たった1枚の紙切れに左右される!

大手エレクトロニクスメーカーの宣伝部副部長・広岡修平に、突然、辞令が突きつけられた。異動先は「人事部付」。有能で人柄も良く、大きなミスもせずに社内の出世レースのトップを走っていた広岡に、左遷される節は思い当たらない。仕事に対する情熱と正義感では引けをとらず、自他共に認める同期の第一選抜だった広岡が脱落したのは、なぜか?
その内実を自ら調査し始めると、会社内に蔓延する思惑とファミリー企業ならではの病巣が次々と明らかになる。敵は誰か? 同期か、茶坊主上司か、それとも……?

ビジネスマンの人生を左右する「辞令」のカラクリを暴き出すビジネス小説界の「現代の新古典」!

「サラリーマンならだれしも経験する人事異動の際の一場面。本作は1988年の刊行だが、30年たっても古びた印象がしないのは、企業社会の本質である『組織と人間』の問題を、『辞令』というそのものずばりのモチーフで活写しているからにほかならない」――解説・加藤正文

担当編集者より
家電メーカーを舞台としながらも、著者は「まったくのフィクション。主人公に具体的なモデルはありません」と言います。しかし、本作を読み進めると、どこかで見たような、聞いたような、すでに知っているような感覚を持ちます。人事異動の悲喜こもごもを感じ、主人公の奮闘を(自分にはできなくても)応援したくなるのです。
本作の刊行は30年前。スマホもパソコンも登場しません。だからこそ、人と人の機微がより一層際立ってくるように思います。いつの時代にも普遍の人間模様をご堪能ください。
目次
第一章 ある日突然に
第二章 憂鬱な一日
第三章 部長の背信
第四章 情事のあとで
第五章 人事マフィア
第六章 財務部長の犯罪
第七章 情状酌量
第八章 辞令の重さ
解説 加藤正文

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く