作品紹介

静かに、深く、中国について思いをいたすことを迫る写真集。

唐代末に始まる中国江西省流坑村は、改革開放の今、廃村への路を辿りつつある。村人の肖像を通し、中国の現在に迫る写真集

担当編集者より
わが国肖像写真界の中核として活躍を続ける高橋亜彌子が、全体が文化遺跡のごとき流坑村を、あえてそこに住む人々とその暮らしを記録することに絞って、現在の中国の抱える問題を浮かび上がらせようとする。
商品情報
書名(カナ) センコイッソンノオキナトオウナタチ
ページ数 120ページ
判型・造本・装丁 A4判変型 上製 カバー
初版奥付日 2005年05月15日
ISBN 978-4-16-008009-6
Cコード C0072

著者

高橋 亜彌子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く