単行本
単行本

慈悲と修羅と守護大名・大内義隆

御建龍一

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:2006年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

郷土の書き手が描く、悲劇の武将の生涯

周防の将・大内義隆。室町から戦国への時代の過渡期に生きた悲劇の大名の生涯を、地元・山口在住の著者があますところなく描く

担当編集者より
周防はじめ七ヶ国を治める守護大名・大内義隆は、慈悲深さと文を愛する心で民に慕われていた。後奈良天皇即位の大礼の儀の費用を献上したり、遣明船を出して交易をしたり、ザビエルにキリスト教布教を許したり、応仁の乱ののち荒廃する京の都をよそに、山口には大内文化が花開く。しかし一方で、武を忘れ公家化していく主君に、家臣たちの不満が募ってゆく。下克上の世を追われる者の立場からとらえた、渾身の歴史小説。
商品情報
書名(カナ) ジヒトシュラト シュゴダイミョウオオウチヨシタカ
ページ数 388ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年06月10日
ISBN 978-4-16-008021-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く