作品紹介

すべての内科疾患と密接に結びつく病像を明らかにした研究の集大成。

胆道ジスキネジー研究の第一人者が貴重な成果をまとめた1冊。雑誌「医学と生物学」掲載論文12本他、英語論文などを所収

担当編集者より
胆道の胆汁排泄機構の機能的な障害と、これによって生ずる病像を胆道ジスキネジーと呼ぶ。原因はいまだに不明だが、著者は長年の研究により、胆道ジスキネジー患者は正常者に比して血中脂質濃度と自律神経機能に異常の多いことに気づき、多くの内科疾患の原因となっていると考えるに至った。雑誌「医学と生物学」掲載論文12本に、学会で発表された英語論文や新たに書かれた補遺が加えられた貴重な研究の集大成。
商品情報
書名(カナ) カイドクタンドウジスキネジー
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 A5判
初版奥付日 2009年05月20日
ISBN 978-4-16-008073-7
Cコード C3047

著者

西村 俊夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く