作品紹介

私はいつも「大風呂敷」を広げて、すべての夢を叶えてきた

ヒロシマの原爆を免れた著者が、耳鼻科医から広島大学学長になり、次々と変革を成し遂げていく痛快自叙伝

担当編集者より
昭和6年、広島県呉市の薬店に生まれた著者は、戦後、闇市で買った2枚のレコードと物々交換で、当時は希少だった顕微鏡を入手、医者になることを決意する。妻との駆け落ち騒動に、イタリア留学、耳鼻科医としての失敗と成功、テノール歌手として主役を演じるまでのオペラ修業など、すべてを包み隠さずに明かす、痛快自叙伝。広島大学学長となり、広島大学や広島市民病院大変革を成し遂げるまでの貴重な秘話も書かれている。
商品情報
書名(カナ) イケワガオモイヨオオブロシキニノッテ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 カバー装
初版奥付日 2009年08月08日
ISBN 978-4-16-008077-5
Cコード C0095

著者

原田 康夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く