作品紹介

船に乗ること60年。その貴重な体験と旺盛な好奇心がこの1冊に。

海を愛する元船長が、自らの体験と豊富な読書量と真摯な向学心で拾い集めた、著者ならではの“船と風”にまつわる四方山話。

担当編集者より
昔から船乗りの語りはとりとめなく法螺も混じるのが相場、と著者のまえがきにある。本書は古今東西の船と風にまつわる多彩な話を、自身の体験で肉付けし、軽妙なかるた仕立てにした語り口は、読者を飽きさせない。13歳の旧制中学受験で知り合って以来、それぞれの道を歩みながら、お互いに親友として友情を育んできた作家・歴史家の半藤一利さんが、挿絵を描いて花を添えてくれた。
商品情報
書名(カナ) イロハカルタフネトカゼ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判 並製 カバー装
初版奥付日 2009年09月28日
ISBN 978-4-16-008081-2
Cコード C0095

著者

荒川 博

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く