作品紹介

自動車不況を笑い飛ばせ! 抱腹絶倒必至の痛快寓話「車は色気。色気はツラじゃない、ボディだ!」

大手自動車メーカーのエリート社員が療養に訪れた山村でのドタバタ劇。トラックの名物営業マンだった著者による痛快寓話。

担当編集者より
働きすぎて健康を害し、医者に勧められるまま郊外の静かな山村へ療養に訪れた銀は、元上司だった「坊主」の寺でゆっくりとした時間を過ごす。そして畑の手伝いや緑豊かな道を散歩しながら、それまでの自分を見つめ直す。堅実に働く地元のたくましい農婦たちに健全な色気を感じ、机上の計算だけで自動車のボディを開発していたことの愚を悟り、量産体制売上主義のメーカーへの疑問が大きくなっていき……。
商品情報
書名(カナ) クルマノギントムラノビジョ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2010年02月15日
ISBN 978-4-16-008084-3
Cコード C0093

著者

岸本 武

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く