作品紹介

江戸時代に栄えた酒問屋街・新川界隈400年の今昔を読み解く

江戸時代に栄えた酒問屋街・新川界隈400年の今昔を、酒類担当記者歴50年の著者が、長年の取材や貴重な資料をもとにまとめた業界盛衰記

担当編集者より
「新川の歴史、新川にまつわる話、そして最近に至る戦後のこと、店じまいした酒問屋のことをまとめるべく、ここ数年間は江戸、明治、大正、昭和の酒問屋の資料を集め、整理、分析した。また、閉店した問屋の後裔の人々を訪ねて話を聞いた。本書はその結果である」(「はじめに」より)日刊経済通信社取締役、北海道酒類食品新聞社東京総局担当、全国酒類業務用卸連合会アドバイザーを歴任した酒類業界のご意見番による1冊。
商品情報
書名(カナ) シンカワモノガタリ サカドンヤノセイスイ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2010年04月15日
ISBN 978-4-16-008094-2
Cコード C0095

著者

望月 由隆

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く