作品紹介

一千枚の小説よりも、上羽さんの踏みしめた人生、その時代を鮮烈に、そして深く感じ取らせる。読んで涙した。(田原総一朗)

美しく閑静な琵琶湖畔に生まれ育って80年。何気ない日常から大切なものを抒情的に、ときにユーモラスにすくい取る円熟の川柳集

担当編集者より
滋賀文学祭入選作や散文「わが生まれし街のポエム」併録。ほんとうの友ですいくさなどしない 父の日にたしなむ程度紅をひく もののけも子を宿す目の深い色 突風に愛の記憶がふっと消え まだ燃えるわたしを揺するようにバラ 渡り来る風とときめき不意に来る 幸せは数有り余る干し布団 前向きに生きよと決める楽になる
商品情報
書名(カナ) ウエバミキエセンリュウシュウ ゴジュウゴキロニヒャクグラムノジンセイ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 B6判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年08月31日
ISBN 978-4-16-008727-9
Cコード 0092

著者

上羽 みき枝

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く