作品紹介

日台の縁で結ばれて、数え切れない苦難と何よりも大きな幸せを得て

戦後まもなく台湾人として生を享け、日本人と結婚して日本へ移住。民族の誇りと伝統を次世代に伝えるべくまとめた、母として、女性としての自叙伝

担当編集者より
……私は太平洋戦争が終わった翌年に台湾・台中市の中尊寺というお寺で生まれました。私達一家の住居でもある中尊寺は、京都にある浄土真宗本願寺派に所属する寺で、このとき父はここの住職をしていました。……私が生まれた翌日、兵隊の格好をした数人の男達がいきなり境内に入ってきて、突然の接収命令を受けたのです。
商品情報
書名(カナ) タカラジマカラキタハナヨメ ウミヲワタルイノチノリレー
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年11月29日
ISBN 978-4-16-008762-0
Cコード 0095

著者

陳 瑞玉

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く