作品紹介

故国に反してまで、人類愛と世界平和を説いた文豪の真の姿

帝政ロシアから睨まれ、ロシア正教会から破門されても自らの思想を訴え続けた大作家について、研究歴40年の著者の論文をまとめた書

担当編集者より
文豪トルストイは不滅ですが、人間トルストイは没後も祖国を失ったままです。……自らの文学の成果を否定し、人間愛と世界平和に心身を捧げることに転向したトルストイは、圧政を敷く帝政ロシアとそれに同調するロシア正教を激しく非難して破門され、祖国を失うことになったのです。……その後、70年経ってソ連も消え、今のロシア共和国になるのですが、ここではロシア正教が復活したので、トルストイはロシアに戻れなかったのです。(「まえがき」より)
商品情報
書名(カナ) ソコクヲウシナッタトルストイ
ページ数 212ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年03月24日
ISBN 978-4-16-008770-5
Cコード 0095

著者

中尾 充夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く