単行本
単行本

文藝春秋企画出版

蚕の旅ナポレオン三世と家茂

高杜 一榮

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2013年07月02日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

幕末に育まれた日仏の絆と知られざる極秘外交

19世紀半ば、国民投票で皇帝になったナポレオン三世と、13歳で14代将軍となった徳川家茂。仏国内の絹不足が生んだ2人の友情を

担当編集者より
「たしかに貴国との関係を密にしたいという意志には目的があるが、これは今言うわけにはいかない。だが余の世界に対する思いを話したい。余はこの地球という星の中に存在する国々が、いつの世にあっても戦争が勃発し、それが永遠に続く有様に飽いてきた。ジャポンとはコンビを組むには最適な国であり、余の同盟国に相応しいと考えている。蚕と生糸の貿易を始めたのは、これからフランスが世界に一番優れた素晴らしい国として生き残るためであった。ジャポンに軍事産業に関心を抱いてもらい、同盟国としてお互い助け合っていくことを希望している」余は「ジャポンと同盟し、共にアメリカに対抗する」真の目的を明らかにしなかった。それは自然に伝われば良いと胸に納めた。(本文より)
商品情報
書名(カナ) カイコノタビ ナポレオンサンセイトイエモチ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年06月30日
ISBN 978-4-16-008776-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く